読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Carronade?

もう少し生きていたいから許して

今月は漫画や小説や同人誌を買いまくってしまった。一万円はゆうに超えている。

お金がある内はものの値段よく見てないな。

欲しいと思ったら買う。

で財布にお札が一枚も無くなるといよいよお金が無いんだなと実感がわき始める。

欲しい物にお金を浪費するのが好きなんだな…。。

ずっとこういう暮らしがしたい…。

 

エロ漫画のネームが一本切り終わったところで、なんだか気持ちがナーバスです。

それにツイッタのフォロワがごりごり減る。

なんなんだろう。減るタイミングが分からん。

別に突飛な事呟いてないし、むしろ全然呟いていないんだが。。

こんな数字に一喜一憂する自分もみみっちくて嫌になるししがらみが多くて心に良くないからツイッタやめたいんだけど連絡先として使ってるからやめられないんだ。

頑張って低浮上目指す。言いたいことは誰も見ていないブログに書く。

見るのも極力避けよう。情報が多くて助かるけど、やっぱりなんか人がいるから気を置いてしまう。いったん孤独になって精神を研ごう。

透明な空気を帯びたい。

ずっと澄んでいたい。

気を使うだけでも何か変わるだろう。

そもそもツイッタに書くような日常から私の作品が生まれたりするから私の呟き苦手な人は私の作品と反りが合わないんじゃないかなあという安直な想像をしてみたり。

フォロワって人であってただの数字じゃないから、思うことは色々あるよそりゃあ。減って悲しむのはおかしいことじゃない。ただなんかそう思うことがみみっちい気がしてうん。減ると元気じゃなくなるね。

そうそうネーム終わったその漫画は通販のみの頒布にしようと思っている。恥ずかしいから。

ウェブで全公開でも良いっちゃ良いが恥ずかしい。

お金を取るのは申し訳ないけど、装丁こだわった一冊の本にしたいという気持ちがあって、それの足しに…。

足しにすらならないよ大赤字だよ。見積もりしたんだけどそんなに冊数刷らない予定だからか単価がえらい事に…

儲けたいという気持ちは毛頭なくただちゃんとした形の本にしてみたいだけで、でも印刷代とか送料とか大変だからちょっとでも負担を減らしたく、あと無料で作品を売る事が当たり前のクリエイターに厳しい世の中になって欲しくないから作品の価値を自分で見定めて責任とるという意味でお金はいただきます…。

クリエイション活動は難しい。

なんだかSNSが主体になっている世の中で単にモノを作るだけじゃ負担が大きくて、色々器用な人が生き残るようなそんな海のような混沌とした世界で、不器用が根気よくやっていくのは難しい。

気持ちや技術や評価やアピールや金銭やなんやかんやがくっついてくるのが煩わしい。

物の前には人がいる。それが当たり前だと意識してやってかないとな…。

もう死んでから発掘されて誰かが私の作品を好いてくれるならもうそれでいい気もする。名声も欲しいけどやっぱりそれより良い物が作れたらもうそれでいい・・・・・

ナーバスだ~~明日は漫画の原稿用紙を買いに行く。

 

夏か

f:id:utsuligi:20170520135534p:plain

創作漫画が描きたい。

最近よく生贄になる夢を見るんですけどなんのお告げなんでしょうかね。

あとカッターナイフの刃がうまく折れない。

今日も折ろうとしてあの後ろに付いてる刃を折るやつがふっとんで紛失してしまいました。

これからちょっと本屋とか行って色々買い物をしたいと思うんですがあんまり良い事がない日なので買い物も失敗しそうです。

山羊座の性格診断みたいなのを見たら20歳くらいまでの山羊座は暴走しているそうですが大人になると途端に大人しくなるそうです。あ~~…。高校の時の私は病気なんかじゃなくてぶっとばしてただけなんだな…良かった。

で今の状態もきっと病気では無くて大人しくなっただけなんだろう。

でも委縮しすぎちゃダメって言ってたし、もっと自分本位にしてもいいのかな。

それでもこの慎ましやかな気持ちは忘れないようにしないと、それだとただの自己中になっちゃうから、他人に迷惑をかけることだけは避けよう。

自分本位っつったって今の自分も勢いこそ無くなったもののかなりやりたい事やり放題しているから現状維持でいいのでは。。

とりあえず今年は遊ぶ年って決めてるから遊びます。

それが許されているからとても心地が良い。

遊ぶって結局私にとって勉強することと同じなんだな。

年齢は手に如実に出る

余裕ができた今だから言えることだけど、もっと苦労をするべきなんだなと思う。

別にしなくてもいいとも思う。

だけど物を作る人生を選んでしまったから苦労をするべきなんだと思う。

いろんな経験をすることで人間として深みが出るのではないでしょうか。

深みが出れば作れる物も変わってくるでしょう。

かといって真理を説きたいわけじゃなく、キャラクターを愛してほしいわけじゃなく、ただ淡々と日常の心の在る場所を切り取っていく、そういう風に漫画が描きたい。

豊かであるに越したことはないってことですね。

苦労みたいな負の荷物含めて豊かっていうんだろう。

 

それはさておきどうやら私は自分の作品に引き摺られるみたいです。

主人公の生き写しみたいになる。自己暗示力が高いようで、描いている内に自分が似てくるというか、逆でもあるんだろうけど。

そのせいかは知らないけど最近バイト先の同性の先輩が好きでしょうがないんですね。

まだ恋とかそういうあれでは無いと思うんだけど恋になってもおかしくないんだと思う。でも彼女が気になってしょうがない。彼女に一目置いてほしいと思っている。絶対に嫌われたくないから曖昧にほほ笑む事しか出来ないけど話しかけられたりするとめっちゃ嬉しい。他の人に褒められるのも嬉しいけど彼女に褒められるのは特別嬉しい。

私は実はバイセクシャルなのか?

思い返せば心当たりがあるような無いような…

特別な存在になりたい!と強く思ったりするのは相手が女性の時が多いな。

それともただ作品に引き摺られているだけなのか?

うーん。

とりあえず恋の入り口の感情が見えてきて、同時に今作ってる作品の形が見えてきた感じですね。

うーん。

同じにしちゃいけないのかな、作品と恋を。

あんまり恋愛の経験が無いので恋が崇高な物なのか身近な物なのかすら分からない。

まあ、仮にこの気持ちが恋愛だったとしても叶わない恋ではあるんですわ。。

とりあえずこの気持ちは様子見で。

本の厚み

梱包作業が楽しくて。

通販の準備に午後の麗らかな時間を費してしまいました。

再販してやっと自分の分の本が手元にやってきたのだけど厚みが感慨深いんですね…。

また本作りたい。

コミティアに参加希望を出してまだ入金していませんが次は創作本ですな。何年振りじゃろ。

 

デジカメが欲しいと思う今日この頃

文化的な一日を過ごした。

f:id:utsuligi:20170508194500j:plain

新美術館恒例のお土産写真です。

ミュシャ展に行く予定が館内で草間彌生さんの展示もやっていたので、乃木坂まで来たついでにと両方見てしまいました。

ミュシャは正直あまり興味が無い芸術家でして、見たら何か変わるかもと思って行く決意をしたのですが、結果言えば変わりました。

描かれた女性のアンニュイな仕草と、でっかい油絵の光と影の柔らかいけどパキッとした明暗、全体の色味は大人しい暖かいものだけど全てがその色味に溺れることなくスポットライトで照らされた部分がひときわちゃんと見える、すげえうまい人なんだなと思った。よく見かけるあの装飾的な絵もあったけどでっかい油彩画の方が私は好きだなあ。すんごいきれいだった。うまい。すげえうまい。

なんだか神話的だなと思いました。シーンが。平和をモチーフにすると自然とそうなるのかな。意外と短い展示だったし晩年の作品と書いてあった気がするからこれだけでミュシャを判断するのはいけないと思いつつ、シーンが象徴的でいくつか印象に残っていて、物語チックというのか、なんというのか…。語彙がひどい。

印象に残ってる一つは戦争で襲撃を食らった町の人の復讐心を聖職者(?)が宥める絵。

真ん中辺りの男の人(町の人)が復讐心を持って、拳を突き上げていて、その拳をその聖職者(?)が手で受け止めている絵。

すごい象徴的だなと思ったけどあれ好きだ。

死体がたくさん描いてある絵だからあんまり見たくなかったけどあそこのシーンは良いものだった。

もう一つは海辺の崖で椅子に座って物思いに耽るように死んでいる老人の絵。

これはなんかうまく言えないけどすごい好き。

ポスターの絵も女の子がかわいくて良かった。

流石にミュシャなだけあってすごい人がたくさんだった。GW明けた平日だっていうのに皆時間があるんだな。私も人の事言えないフリーターである。

 

草間さんの展示はパワフルだった。パワーの作品だった。展覧会の名の通り魂だった。

最初のメッセージの時点ですごい勇気もらったからね。

で広い展示室の壁一面に飾られた極彩色の彼女の作品群ですよ。

彼女の胃の中みたいな空間だった。

あの作品群の数でも相当絞って展示されているみたいで、全部の作品500点くらいだっけ、全部飾った空間に行きたかったな。もう最早胃の中だよな。

作業量からしてもうゴリゴリの作家さんなんだなあ。自分の世界を表現しよう!という意気を感じた。そこには痛みも苦しみも楽しみもあった気がする。

無限の網の作品もすごい良かった。アクションペインティングの意味が分かった。

あの手癖というか力みとか絵の具の量とかで出る揺らぎもアクションペインティングなんだなあ…。暴れるだけがソレなんじゃないんだなあ。

作風がポップだからグッズにしやすいのかな、ミュージアムショップすごいかわいい物がいっぱいあった。やよいちゃん人形ストラップ欲しかったけど帰りの交通費がなくなるから断念した…。

結局安価なマステと魚のバッジを買った。バッジがマットな質感で魚だから気に入った。新しく買ったキャスケット帽につけた。

 

本当はその後六本木のゴリラコーヒーに行ってみたかったんだけど交通費の都合でまた今度に。

遠出するときはお金は少し多めに、そしてキャッシュカードも持ち歩きましょう。

六本木住みて~。

やんなっちゃうな

思い返せば私の人生は取るに足らない平坦なもので味気も無くて、私はやっぱりどこまで行っても普通の範囲を出ないと思う。

そういう平穏無事な日常を望んでいたからそれでいいとも思う。

でもやっぱりつまんないなあなんて思う。

自分の人生をつまらないなんて思いたくないですよ、この間まで生きる事以外に集中出来なくて他の人に嫉妬とか世界そのものを恨んだり毎日汚い感情を押し込めて心の中は自分への罵り言葉でいっぱいの、散々な大学時代を決して否定したくない。。

正直自分の心の病気のせいで退学したようなものだから自業自得甘えだと言われてもしょうがないんだけどさ…。

でもそれでも惨めに生き抜いたから、それを全部認識されない物にしたくない。

と思いながら必死に自分の歴史を守って今年は遊んで暮らす。

何か残さなくちゃな。惨めなアレを救うのは功績だけなのかな。

良い物を作る為に色々頑張るのだ。

惨めなアレも今の私も一切合切全部許されたい。

自分に。

他の人はそこまで私個人に興味を持っていないから適当に許してくれるんだ。

でも自分はよく知ってるから許せないんだ。

私は自分に許されたいんだな。

許してやればいいのにな。

今は少し浮かれて幸せだけどそれでもまだ何も残せていないから惨めの延長でしかないんだ。

足りないもの

スパコミ無事終了しました!ありがとうございました!

原稿ギリギリまでやっててほぼブログ更新できませんでしたね…もっと時間配分を考えましょう。

思ったより早くに新刊が完売してしまって、申し訳なかったです。無配も数が合わなくて最後の方はお渡しできなかったし…色々見通しが甘かったです。

既刊もすべて完売しました。

そういえばこの既刊を初めて出したときは雨だったな…。今回は晴れていたから人もたくさん来ていたのかも知れない。うう、あんまり在庫を残したくなくて気持ち少なめに刷ってしまいました。再販はしている最中なので少々お待ちください…。通販します。

 

色々な方に応援の言葉を頂いて、すごいパワーを貰いました。生きねばと思いました。

最近ほめて下さる方が多くてありがたいです。

誉め言葉苦手だったんですよ、最初は。照れくさいし、あんまり傲慢にもなりたくなかったし、人間不信ゆえお世辞と社交辞令だろうと思っていて、なるべく聞きたくなかったんですが、最近になってやっとその誉め言葉が私の中でちゃんと自信というエネルギーに変換できるようになりました。

そもそも考えてみればこういうイベントにわざわざ足を運び、一生懸命直接言葉で伝えて下さるのだから嘘な訳がないんですよね。一丁前に疑っていてすみませんでした・・・。

差し入れに手紙も何通か頂いたのですが嬉しかったです~~。お菓子の差し入れも大好きですが手紙がすっごい嬉しいです。ずっと大切にします。

とうらぶのイベント参加はこれきりのつもりでしたがちょっと迷ってます。今回が全然部数を用意できなかったのが悔しくてワンモアチャンス!て感じです。

描きたいお話はたっくさんあります。ただ本にする程の物なのかってことですよね。

あとは夏はコミティアに出たいので自分の執筆ペースだと秋以降になりますかね…。

毎回参加する人すごいなあ…パワフルだな…

次は一般参加で槍中心に本を大量に買い漁りたいと思います!

イベント本当に楽しかった!