Hyper Carronade

灰色のはい

現在はスパコミのイラスト本の原稿をやりつつ過ごしています。

一枚のイラストを描くのが苦手です。元油画科のくせに。

漫画が描きたいな…。

退学に至るまでの期間の事をずっと繰り返し思う。だんだん分析できているような、でももしかしたらそれは未来の自分が勝手に後付けしたものかもしれないけど、分解して言葉にして自分の今後往く道が見えてくればいいな…と思う。

課題をこなす為に油絵を描いてた。正直油絵描くの好きじゃなかった。描いてると嘘ついてる気分になる。楽しく描いているように見せかけてたけど楽しくはなかった。本当はこんな絵描きたくないと思いながら描いてた。私が表現したいと思う事を表現する方法は漫画が一番手っ取り早かったしそればっかりしていたから表現したい事が漫画の形になっていくんだ。でもそれは自分に出来ることだけやるみたいで、怠慢に思えて、代わりに油絵を描いてた。真面目な芸術家気取りだ。そもそも漫画と油絵以外の技法を知らなかった。予備校だって基礎科飛ばしていきなり油画コースに入った。私は何の為に大学に入るのかなんて考えてなかった。入って勉強したらその内決まるだろうと思ってた。私は本当に何も考えてない。ただ、心の奥底で漫画が描きたいと思ってた。

課題で漫画を提出しようとは思ってなかった。単に自分で読み返せないくらい恥ずかしかったし未熟なのを分かっていたし教授怖いし。そもそも漫画という媒体で提出する意味を問われたらこれしか自分に出来ることが無いとしか答えられないからだ。

でも、漫画が描きたい。

自分のやりたい事と課題がうまく重ねられなくて大学生活が苦しくなったんだ。もちろん金銭的にも苦しくなっていた。辞めた方が自分の為に良いと思ったんだ。

その当時は自分の気持ちの分解ができなくて先生に全然自分の気持ちうまく伝えられなかった。ただやめたいという思いだけがあって、なんかうまく説明できなかった。本能で脳が塗り潰されているような感じだった。それ以上深い事が考えられなかった。やっぱりなんかの障害なんじゃないか。それか私の魂のリーンカーネーションの回数が少ないんだろう。

なんか書いてて悲しくなってきた。

やっぱり結果を出さなきゃ。と思う。しかし幸せになりたい。

この未熟さを失くしていかないと。

まだ上澄みだけ掬ったようなうっすい漫画しか描けない。

自分が自分でいることが恥ずかい。早く死にたい…。

広告を非表示にする