Hyper Carronade

灰色のはい

春のぬるい泥のような日々を過ごしています。

好きに生きろと言われたら多分こんな日常を私は望むんだろうなあ。

ならば絵なんか描けなかった方が良かったんじゃないか。

でもだからこそ私がしっかり生きるには絵を描く必要があると思う。

何もしてなさすぎる。

今日はバイト先の先輩から借りっぱなしだった東村アキコ先生のエッセイ漫画を読みました。

エッセイ漫画と言えどパワーを感じる。この方の漫画作品読んだことないんだけど多分圧倒されるんだろうなあ。パワーで。

そして人生の濃い事よ。

色んな経験をして色とりどりの蓑を纏う事で筆に色が落ちて良い作品が作れるようになるのかもしれない。

経験は特別な事じゃなくても日々の食事や買い物からでも得るものがあるんだろう。

自分の経験値の少なさにまた気付いた。

食事とか空腹が収まれば極端にまずい物でなければ賞味期限切れてたってなんでも良いとか経験以前に生活力なさ過ぎてちょっと問題ですね。直していきたい。

とか言って今日もまたなんとか税のなんとかって封筒が来て国は私を殺す気かと思いましたけどね。

支払い支払い。何に対して生きる権利を買う為のお金を払ってるんだ?

それが老後の為、福祉の為、何かあった時の保険の為とはわかってるんだけど今の生活を圧迫する以上気持ちよく払う事は出来ないんよなあ…。

まあ毎月の貯金がかなり貯まったから何かあっても多分大丈夫。

今のバイトももうすぐ終わり。また次。

お金は必要だから働かなきゃ。

そうして漫画家…目指す。

でも最近絵を描いてるとあまりの描けなさに吐き気を催すようになってしまって、このままじゃ体からも絵が離れてしまうので気楽に、あくまでも気楽に。絵を描くことを苦痛にする必要は無いのだ。楽しくお仕事して何が悪い。楽しく切磋琢磨して何が悪い。苦しむ必要なんてないんだ。ただ私は約束を果たすだけだ。

ひとまず約束の為に生きて。あとはどうなっても構わないから。

広告を非表示にする