Carronade?

灰色のはい

f:id:utsuligi:20170714202203j:plain

ジャコメッティ展行ってまいりました。上は写真撮影可の区域で撮った写真。

 

良かった…。

ジャコメッティはとても思い入れのある芸術家なので始終どきどきしてました。

『やべえ、とり憑かれた!』っていう、芸術家にとり憑かれた体で作品を作るという課題が学校であって、それで私はジャコメッティに憑依された設定になったんですね。

結局その課題全然うまくいかなかったし課題の意図も汲めてなかったんですが、彼に関して図書館やネットで調べたので他の芸術家と比べると彼の事はよく知っています。

あの画集で見た作品が二年越しに現物で見れるなんて…

今思うと感慨深い。

課題で思い入れがある事を差し引いてもこの芸術家の事好きだなって思いました。

なんか彼の映画もやるみたいなので気になってます。

そうそう、展示の中にドキュメンタリー映像があって、在りし日のジャコメッティが作品を作ってて、カフェでクロッキーしてて、四角くて灰色のおじいちゃんですごいなんかこの気持ちはなんだろう。すごいどきどきした…。

ああ、課題うまくいかなかったのすごい悔やまれる。

こんなに好きになったのに…。

この課題で結構心が折れて、あれよあれよと退学決意に至ったからなんか、なんとも。

 

で展覧会で気付いたのが彼は家族に支えられていた事ですね。

芸術家の家族ってあんまりこう表面に出てこないイメージがあったけど今回の展示を見て、かなりジャコメッティは家族に支えられて、家族を大事にしていたんだなあ。と思った。

そういうところ含めてなんか、好きだなあって思った。

語彙力など無い。

まだまだ勉強不足だ。

 

f:id:utsuligi:20170714202218j:plain

恒例のおみやだぞ。

しおりと缶バッジ二個といつものマグネット。

真ん中のサンシャワーも行ったんですがこのさわやかなチケットとは裏腹にすごいねどねどしい背景の作品がありまして精神的につらかった。

かわいい作品もあったけど、平和ボケした私からするとこの東南アジアの情勢とか内紛とかそういう作品はやっぱり引き千切れるような悲鳴が聞こえてくるようで見ていて痛みを感じる。それは作品のある一つの成功だと思う。素晴らしい。

圧倒的な量で途中で濃くて息苦しかったけど見て良かった展覧会でした。

なんだろ、私は戦争を知らない。

割と平和。自分の命の価値さえ分からない。

でも日本はかつて何回か外国と戦争をしているし、戦国の世だって戦いばかりだった。

戦は私にとって無縁ではないはずだ。

ただ私の勉強不足で遠い存在に感じているだけだ。

戦争が絶対的教科書では無いのは分かるがそれでもなかったことにするべきことではないんだ、何かを作る立場に身を置きたいのならば、神羅万象全てに無知無縁ではいられないんだな。

太平洋戦争については高校生の時にちょこちょこ調べていたけど、もっと知るべき根本的な部分があるはずだよなあ。

知識が足りない。

知識が欲しい。

 

勉強しに行って己の勉強不足を知る、そんな一日でした。